女性にも関係あるAGA

女性の抜け毛の原因であるFAGAとは、男性ホルモンが影響するのはAGAと同じといえます。女性にも男性ホルモンが存在し、毛乳頭に侵入して脱毛を促進させてしまいます。男性と大きく違うのは女性ホルモンの量といえます。
女性ホルモン(エストロゲン)は毛髪を育てる働きがあり、通常ならば男性ホルモンが増えてきてもエストロゲンの働きで抜け毛を抑えることができます。しかし、ホルモンバランスが崩れると、エストロゲンが減少してきます。
加齢やストレス、過度のダイエットなどの影響でエストロゲンの働きが少なくなると、DHAによる抜け毛の要因を抑えることが出来ずに、FAGAが進行してしまいます。

AGAやFAGAが進行してしまうと、毛根を包み込む毛包が、小さくなっていきます。毛周期という毛のサイクルを通しても、毛包は小さいままとなってしまいます。
AGAやFAGAの仕組みが分かれば、抜け毛の対処を講じることもできます。
男性だけでなく、女性にも共通してできることを理解し、生活習慣や整髪をきちんと行って、頭皮の健康を維持することが必要になります。

AGAやFAGAを防ぐためにはどうすればいいか、抜け毛の原因となる要素を抽出し、頭皮の清潔感を保てるように、原因や対策を次にご紹介していきます。