ストレスと先発も重要

AGAとFAGAの要因の一つである生活習慣ですが、食習慣の他にもストレスや睡眠不足、喫煙、運動不足があります。
ストレスは昨今問題にもなっているように、心と体に悪影響を及ぼし、さまざまな病気の元となります。ストレスが重なると自律神経やホルモンバランスを崩し、頭皮への血流が悪くなってしまいます。
睡眠不足はホルモンバランスを崩す要因となり、イライラがたまりストレスの原因にもなりますので注意が必要です。

また、間違ったシャンプーのやり方による抜け毛も問題です。
頭を洗わないで不衛生にしていることや、朝晩などにシャンプーすることによって、過度に洗髪し過ぎると、頭皮を傷めることになってしまい、抜け毛の原因となります。十分にすすぎをしていないと泡が残ることにより、抜け毛の原因となります。
一般的に午前3時から午前9時までの時間帯で毛髪が伸びることがあるといわれています。出来るだけ、その時間の洗髪は避けた方が無難といえます。

女性の8割以上の人が薄毛に悩んでいます。頭皮の汚れを取り除くために、血流をよくし、生活習慣を改めて見直し、頭皮を清潔に保つことが抜け毛を減らす大きな第一歩と言えます。
頭皮を清潔に保つためには紫外線からも守ることが必要といえるでしょう。