食生活の見直し

抜け毛の要因の一つといえるのは遺伝です。男性ホルモンの多さは遺伝的要素が影響となっています。また、バランスの悪い食生活による抜け毛も問題です。食習慣は生活習慣の一部ですが、油の取り過ぎや偏食をし過ぎると頭皮の血流が悪くなります。
遺伝は受け継いできているものなので、仕方がないところもあるかもしれませんが、食習慣は糖尿病など、他の病気を誘発する恐れがありますので、改善はしたいところです。

バランスの悪い食生活といえば、肉類や揚げ物による油の摂りすぎです。髪を健康に保つためには、良質のたんぱく質とビタミンやミネラルが必須といえます。
髪の毛はタンパク質でできているので、タンパク質はもちろんのこと、代謝を助けるミネラルなども必要となります。毎日きちんと習慣づけてバランスよく食べることを心がけましょう。
また、亜鉛は細胞分裂や再生に役立ち、髪の毛でも例外ではありません。体内の亜鉛が不足してくると、髪の毛の成長が遅くなるばかりか、髪の毛が細くなって、切れ毛や抜け毛を引き起こす恐れがあります。

この亜鉛が不足することで、一番最初に身体の中で影響が出るのが髪の毛です。栄養素の高い食べ物を摂ることは必須といえますが、あまりにも摂生し過ぎると、かえってストレスに感じてしまい、悪循環になるケースがありますので、適度に好きなものを食べるようにはした方が良いといえるでしょう。