そもそもAGAとは

薄毛や抜け毛で悩んでいる人は少なくないでしょう。男性では加齢とともに頭頂部や前頭部が薄くなってくる傾向があります。これらを「AGA」とよびます。このAGAとは男性型脱毛症といい、簡単にいうと男性ホルモンの影響で抜け毛が発生しているということです。
このAGAは発症してしまうと、どんどん進行していきます。普段は聞きなれない言葉ですが、日本人の男性の内3人に1人がAGAといわれています。かなり高い割合でAGAが浸透しているといえます。
男性ホルモンが影響しているので、女性にはならないかといえばそうではありません。女性もAGAになります。ただし、女性がAGAになるケースではFAGAとよんでいます。

AGAとはどのようなものなのでしょうか。
その仕組みについてですが、基本的には強い男性ホルモンが影響していることがうかがえます。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されて、頭皮にある「5αリダクターゼ」(酵素)と融合してしまい、DHTと呼ばれるより強力な男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」に変化します。毛乳頭に侵入したこのDHTはアンドロゲンレセプターといわれる受容体と結合し、脱毛因子のTGF-βを活性化させてしまいます。

脱毛因子が増えると毛髪のサイクルが乱れてしまい、髪の成長期になるはずの毛根が抜ける方が早くなってしまい、新しく育つはずの毛髪がどんどん抜け落ちてしまいます。
このAGAの仕組みを理解しつつ、男性だけでなく女性でも起こり得る可能性をここでご紹介していきます。